プロ野球ニュースRSS > プロ野球ニュースRSS・ 【江本氏&若松氏 トークバトル】G打線にダメ出し「シーズン同様淡

プロ野球ニュースRSS・ 【江本氏&若松氏 トークバトル】G打線にダメ出し「シーズン同様淡

★野球観戦遠征なら格安快適の楽天トラベル★



【江本氏&若松氏 トークバトル】G打線にダメ出し「シーズン同様淡泊」

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、巨人3-5DeNA、DeNA1勝、8日、東京D) 江本 「それだけは駄目、というホームランボールだったね」 若松 「筒香の2ランでしょ。
1点リードの六回二死一塁、カウント3-1。
きのう(8日付サンケイスポーツ)も指摘した通り、マイコラスは、歩かせてもいいくらいの気持ちでいかないと」 江本 「ストライクのチェンジアップとはね。
最もコントロールが利くのはストレートなんだから、外角いっぱいの速球を選ぶべきよ。
俺なら、ぶつけたらゴメン…で内角を突くところよ」 若松 「それにしても筒香も見事に真芯で捉えた。
1、2打席目は、打たなきゃ、勝たなきゃ…の気負いがみえたけど」 江本 「軸足に体重が残って、突っ込まないのが筒香のバッティング。
だから変化球にも、ついていける。
1年間、それを見てきて、わからないのかね。
巨人バッテリーは、甘いよ」 若松 「打線もシーズン同様、淡泊だった。
短期決戦は先制、勝ち越し、追加点と、貪欲に攻めないと」 江本 「坂本を1番にしたまでは、よかった。
わからんのは、2番の亀井にバントをさせること。
送らせるのなら、2番は寺内。
結局、ちぐはぐになったね」 若松 「むしろ三回無死一、二塁では、3番・村田にバントでよかった。
とにかく先に、しっかり点を取る。
それが巨人の打開策でしょ」試合結果へCS日程へ



⇒記事の紹介はプロやきうなんJまとめアンテナより

⇒記事の紹介はサンケイスポーツより

⇒記事の紹介はニッカンスポーツ・コムより



Powered By 画RSS



Related Entries

Only the blog author may view the comment.
Trackback URL:
Use trackback on this entry.