プロ野球ニュースRSS > プロ野球ニュースRSS・ 【なるべく週刊エモト】個人成績にガックリ…もっと記録にこだわれ!

プロ野球ニュースRSS・ 【なるべく週刊エモト】個人成績にガックリ…もっと記録にこだわれ!

★野球観戦遠征なら格安快適の楽天トラベル★



【なるべく週刊エモト】個人成績にガックリ…もっと記録にこだわれ!

 記録はプロ野球選手の命なのに…。
サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(69)が、レギュラーシーズンの両リーグの個人成績を見渡して、嘆き節。
特に投手部門の低調ぶりを指摘。
ポストシーズンでは“付加価値対決”を見せよ、と独特のハッパをかけた。
 (構成=内井義隆) --レギュラーシーズンも、パの2試合を残して、終了しました 「いやでも目がいくのは、記録よ。
記録はプロ野球選手の命なのに、寂しいね。
記録とは、そんなものかね」 --といいますと 「まず大谷(日本ハム)が投手10傑、打者30傑に出てこない。
規定投球回、規定打席不足で、どちらも欄外の扱いだ」 --二刀流の結果です 「200イニングを超えた投手も、1人もいない。
投球回数を増やさなければ、勝ち星も増えないよ。
最も勝ったのが野村(広島)の16勝だろ。
菅野(巨人)は防御率のタイトルを取ったのに、9勝止まり。
あと2、3試合でも完投していれば、2桁にも届いただろうに」 --確かに 「おかげで菅野は、プロ入り以来の連続2桁勝利が3年で途切れた。
これも、もったいない。
結局、毎年200イニングを投げるくらいでないと、記録も持続しないということだ」 --なるほど 「今年、記録でほめられるのは山田(ヤクルト)くらいよ。
トリプルスリー(同一シーズン打率3割、30本塁打、30盗塁)を2年連続で達成したんだから」 --まさに継続は力なり。
江本さんは現役時代、6年連続200イニング、8年連続2桁勝利をマークしただけに、説得力があります 「それにしたって、いばれたものではない。
俺の上には、300イニングを投げる人がゴロゴロいたんだから」 --当時は130試合制。
すごい… 「記録は基準をクリアして、なおかつ付加価値をつけないとね。
だから大谷も菅野も、もっと記録にこだわってほしい。
エモトよりはるかに素質があるんだから、この程度で満足してほしくない。
そこで、だ」 --はい 「レギュラーシーズンで不足した分は、ポストシーズンで完全燃焼すればいい。
“付加価値対決”を、見せてもらおうよ」



⇒記事の紹介はプロやきうなんJまとめアンテナより

⇒記事の紹介はサンケイスポーツより

⇒記事の紹介はニッカンスポーツ・コムより



Powered By 画RSS



Related Entries

Only the blog author may view the comment.
Trackback URL:
Use trackback on this entry.