プロ野球ニュースRSS > プロ野球ニュースRSS・ 【なるべく週刊エモト】五輪と同時にプロ野球開催しプロのすごさ伝え

プロ野球ニュースRSS・ 【なるべく週刊エモト】五輪と同時にプロ野球開催しプロのすごさ伝え

★野球観戦遠征なら格安快適の楽天トラベル★



【なるべく週刊エモト】五輪と同時にプロ野球開催しプロのすごさ伝える

 サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(69)が2020年東京五輪で復活する野球について、改めて「アマチュアだけで出場すべきだ」と持論を展開。
さらに五輪期間中は、「プロ野球を普段通り開催する」と提言。
それでこそ、真の競技振興になると強調した。
 (構成=内井義隆) --いろいろな意味で五輪が盛り上がってます 「野球が復活するしね。
ソフトボールは復活してほしかったけど、野球は別になくてもいいと思っていた。
やるとなれば、以前から主張している通り、アマチュアだけで出場すべきだ。
今になって星野仙一さんもそう言っているようだね」 --はい 「野球はサッカーなどと比べて、まだまだ世界的にはマイナースポーツ。
巨大なビジネスになっているのは日米ほか限られた地域。
アジアの国の中では、ソフトボール協会の下に野球が属しているんだから」 --そうですか 「五輪でそういう競技をやる以上、世界振興につなげなければ意味がない。
これまではそれができないまま、五輪から外された。
野球を広めようという目立った活動も、なかった」 --はい 「また復活しても、プロ選手が出たら結果は同じよ。
一過性の盛り上がりにしかならない。
それに、プロにはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)があるんだ。
社会人、大学、高校の選抜チームでいい。
五輪はアマチュアに返すべきなんだ。
プロには進めない選手でも大きな目標が持てるじゃないか」 --確かに。
それで裾野も広がりそうです 「で、プロ野球はプロ野球で、五輪期間中も普段通りに公式戦を開催する。
世界から日本に来る皆さまに、五輪と同時にプロ野球も観戦してもらう。
プロの試合の面白さ、プロのプレーのすごさをアピールできるじゃないか。
東京で五輪を。
仙台や札幌でプロ野球を。
いい観光ルートにもなるじゃないか」 --なるほど。
野球を知ってもらうには、いい手段です 「現状で、プロの参加は商業主義、銭カネ目的にしか見えない。
そういう不純な動機で、野球というスポーツを利用してほしくないね」



⇒記事の紹介はプロやきうなんJまとめアンテナより

⇒記事の紹介はサンケイスポーツより

⇒記事の紹介はニッカンスポーツ・コムより



Powered By 画RSS



Related Entries

Only the blog author may view the comment.
Trackback URL:
Use trackback on this entry.